「狭山・境緑道」「小平グリーンロード」「水道道路」などの名でも親しまれている「多摩湖自転車道」。四季を通して、散歩やジョギングを楽しむ人たちでにぎわっています。起点は武蔵野市と西東京市の市境。そこから多摩湖をぐるっと1周するまで、約22kmのサイクリングコースです。

小平あたりは、ほぼ西武新宿線沿いに平坦な道が続くので、ママチャリでも快適。

ある晴れた日曜日、私の電動アシスト付き自転車に5歳女子を、夫の普通自転車(電動アシストなし)に3歳男子を乗せ、家族で多摩湖を目指しました。

小平から北西へ進み、東村山中央公園沿いを過ぎると、ほどなく武蔵村山浄水場が見えてきます。「だから水道道路なのか」とぼんやり思っていると、いよいよ急な上り坂へ。

ママチャリは少しふらつき始めますが、娘(体重約22kg)を後ろに乗せているとはいえ、電動アシストの威力は絶大! 意外とあっさり、都立狭山公園入り口にたどり着きました。

この先、多摩湖を1周すると約11km。さらに急なアップダウンが続きます。

「どうする?」と後ろを振り返ると、息子(体重約16kg)を後ろに乗せた普通自転車の夫がギブアップ

公園に入ると、そこはもう多摩湖の堤防です。

「川だ~!」と盛り上がる子どもたち。いえいえ、湖です。しかも人工の貯水池ですけどね。とはいえ緑の自然に囲まれた水辺。心地よい風が通り、天候次第では富士山も望める絶景が広がります。

堤防の下の広場には遊具もあり、走りまわる子どもたちや、家族や仲間との時間を楽しむ人々の笑顔があふれる、武蔵野らしい景色がありました。

せっかくなので多摩湖の北側をもう少し進み、西武ドームを目指します。

ひんやりと気持ちいい木陰の道は、時折り鳥のさえずりも聞こえ、避暑地をレンタル自転車で走っているような錯覚に陥りそう。

10分ほどで、観客の声援がもれ聞こえるバックネット裏にたどり着きました。そうこうしているうちに息子が寝落ち今回はここまで。

過ごしやすい新緑の季節。あなたもこんな自転車の旅をしてみませんか?

通り慣れた道のその先に、つぎの楽しみが待っているかもしれません。

書いた人

高丸昌子

国分寺の3km北(小平市)に在住。子育てと激務の両立に悩み、昨年出版社を退職してフリーの編集者&ライターに。地域のおもしろさに気づき始めたところ。