4月29日の「つぎの→駅伝」。後半の振り返りです。

 

第4走者の瀬戸山さんから、1148第5走者の高丸さんへ。

 

国分寺の北口を巡って、南口へ。花沢橋を渡ったところで、高丸さんも知り合いにばったり。本当に地元を走っているという感じです。

国分寺駅南口のSWITCHへ。

そこで出会ったのが三鷹の御大、堀池さん。応援にわざわざ国分寺まで来ていただきました。

野川の谷を越えて、武蔵国分寺公園に。

武蔵国分寺公園を抜けたところの東山道の遺跡を覗きます。しっかりと歴史も学びます。

国分寺胡桃堂喫茶店から、西国分寺のクルミドコーヒーへ。1216無事襷は第6走者のウォーリーさんへ渡されていきます。

西国分寺から中央線沿いを西へ。

内藤橋から多摩蘭坂へ。5月2日は忌野忌ですね。

坂を降って、一橋大学の裏に。

やはり一橋大学には表から入りたいですね。

駅を南から北へ。駅舎の復元工事中です。

国立駅北口と言えば、くにきたベース。

ここまで来ると中継点も間近です。最後のアンカー芦谷さんへ、1248無事襷が渡りました。

ここからは芦谷さんが快調に飛ばします。

高校時代からお世話になっているお寿司屋さん。

国立から最後の立川市へ。

車の渋滞を横目に中央線のガードを潜ります。

立川の地下道で記念撮影。

モノレールまで来るとラストスパート

ゴールの立川の昭和記念公園には1337到着。別ルートで三鷹から立川を目指した池上さんもすでに到着していて、駅伝を迎える会も楽しく開くことができました。

松井さんのランニング記録では24.58㎞になりました。三鷹のスタートがバタバタしたので、ちょこっと進んだ跨線橋からの記録です。全体では25㎞という感じです。

25㎞も7人で襷を繋ぐと走りきれますね。7区間のランナーの方々、お疲れ様でした。

スタートの三鷹から立川まで走り切っていただいたのは、松井さんとアランさん。途中武蔵小金井から立川まで走っていただいたのが鈴木智哉さん。お三人のおかげで各ランナーも気持ちよく走れたと思います。

池上さんも三鷹から立川まで別ルートで走り切っていただきました。駅伝で寄れなかったポイントをご紹介いただきました。

沿線で思わぬ出会いや、現在位置を確かめながら応援していただいた方々もいらっしゃいました。ランナーの励みになりました。

多くの方々に支えていただき、駅伝で三鷹から立川まで平成の最後に走ることができました。ありがとうございました。