【まちを使って暮らしをつくる6つのメニュー発表&交流会】
こくぶんじカレッジに参加している29人の「まちのプレイヤー」、
そして、まちとプレイヤーをつなぐ8人の「まちのアドバイザー」が、
半年間のプログラムの中で、聞いて、話し合い、動いて、考えた、まちを使って、暮らしをつくる6つのメニュー。これからはじまる新しい取り組みの味をみんなで想像して、共有して、次の段階に移していくための発表と、
それを活かして、まちをもっと面白くしたい人たちとの交流。これからの国分寺にどんなスパイスを使ったメニューがあったら暮らしがもっと美味しくなっていくのか、
いっしょに考え混ざり合う場になると幸いです。

(入場無料&申し込み不要)

【6つのメニュー】
1「恋カフェ」
恋ヶ窪で来年オープンするカフェで「恋カフェ」をします!
2「ひとと」
誰でも好きなことを気軽に始められる場所を作ります。
3「よりみち」
ふらっと寄れる居心地のいい場所づくり。
4「てくてっく」
あたらしい視点の地図をつくる。
5「こくベジビール祭り」
こくベジを食べながらビールでワイワイやるイベントです。
6「国箱」
国分寺の「ヒト」「コト」「バ」をつなぐ。

【こくぶんじカレッジ】
2019年夏、2020年夏開講
https://kokubunji-college.net/

 

時間 1000-1300
場所 本多公民館 2階ホール/国分寺市本多1-7-1
主催 国分寺市協働事業:国分寺市/NPO法人マイスタイル