本映画祭は、「三鷹シネマ倶楽部」の活動の流れから立ち上がり、その流れの中でご縁のあった人や作品に、感謝と応援の気持ちを込めて企画・運営しています。

三鷹に映画館を復活させようと活動する「三鷹コミュニティシネマ映画祭」の実行委員会のメンバーが呼びかけ、2012年12月22日に吉祥寺プラザで『007 スカイフォール』を鑑賞してから飲み会を開催しました。それが、映画を鑑賞した後で交流会を行う「映画遠足」の第1回目となり、その後も鑑賞する側から映画を応援しようと「三鷹シネマ倶楽部」が誕生しました。そして「映画遠足」も回を重ね、2018年5月29日、テアトル新宿の『海を駆ける』にて100回を数えることとなりました。

「三鷹シネマ倶楽部」として、身の丈にあった映画祭を企画・提案し、三鷹での映画祭開催を継続させることに努めてまいります。また、「映画遠足」を通じて知り合った多くの映画関係者とも連携し、今後活躍が期待される映画監督たちの映画作品を中心に上映会を行い、新たな映画祭「三鷹連雀映画祭」を開催いたします。

 

三鷹連雀映画祭 presents 秋の上映会
■ 11月23日(土・祝)
会場:三鷹産業プラザ7階特設会場
(三鷹市下連雀3−38−4)

プログラム① 開場:13:10 開演:13:30
インディーズアニメフェスタ応援企画
『BOOM!』(2018年/審査員賞)(有馬將太)
『つくしのムック』(新映像文化研究会ShinE)
『決戦型光学機兵 ミエナイガーZ』(スタジオぽぷり)
『アンクレットと蒼い海』(2019年/市民審査員賞)(ひまら屋)
『向かうねずみ』(2019年/審査員賞)(築地のはら)
『The fairytaleman』(永野宗典)
プログラム② 開場:14:40 開演:15:00
三鷹フィルムコミッションコラボ企画+3FC応援企画
『お母さんに返しといて』(2018年/中川哲雄監督)
『鉄筋花火』(2019年/なかやまえりか監督)
『猫、かえる Cat’s Home』(2019年/今尾偲監督)
プログラム③ 開場:16:40 開演:17:00
『朝をこえて星をこえて』(2017年/野本梢監督)
『かく恋慕』(2019年/菱沼康介監督)

■ 11月24日(日)
会場:三鷹産業プラザ7階特設会場
(三鷹市下連雀3−38−4)

プログラム④ 開場:11:40 開演:12:00
『つむぎのラジオ』(2017年/木場明義監督)
プログラム⑤ 開場:13:55 開演:14:15
三鷹の映画人Vol.9 監督・野尻克己
『鈴木家の嘘』(2018年/野尻克己監督)
プログラム⑥ 開場:17:00 開演:17:20
『暇乞い白書』(2016年/木村聡志監督)

チケット予約

こちらの申し込みフォームにご登録いただくと、前売券の料金(1,000円)で入場いただけます。
当日券は1,200円になります。
プログラム①のみ入場無料です。