毎年、参加された地域の皆さんから大変好評をいただいている
『国分寺の未来を考えるシンポジウム』を、今年も開催いたします。
この一年、地震だけでなく、多くの災害がありました。防災・災害について、気になっている方も多いはず。

そこで今回のシンポジウムは、昨年に引き続き、市内全ての中学校が参加し、“防災・災害”という具体的なテーマで「自分たちができること」「地域の皆さんに知って欲しいこと」など、学び考えたことを発表します。
また、基調講演では、東日本大震災時の陸上自衛隊の動きや、地域に必要な“絆”について現場で指揮をとりながら見てきたことをお話いただきます。

「地域のつながりがまちを守るPartⅡ 「災害時のどうなる?どうする?」を 中学生とともに考える」

■内容

①基調講演
「東日本大震災 ~自衛官から見た地域の絆~」
講師 和田信之さん (震災時 陸上自衛隊 東北補給処装備計画部長1等陸佐、現 暁星学園事務局長)
②中学生の発表&トークセッション
市内中学校6校の生徒の発表とゲストとのトークセッション!

■ファシリテーター:枝見太朗さん(ボランティア活動センターこくぶんじ運営委員会 委員長)

 

時間 午後1時~4時(開場 午後12時30分~)
場所 国分寺市立cocobunjiプラザ リオンホール
定員:200名(事前申込制・先着順)
申込み 1.申込専用メール(こちらより専用フォームよりアクセスください。)、2.電話(042-300-6363)、 3.FAX(042-300-6365)
※FAXの場合は、①氏名(ふりがな)②年齢③性別④住所(町名まで)⑤電話番号・FAX番号⑥何を見て知ったか 以上を必ずご記入ください。
主催 社会福祉法人 国分寺市社会福祉協議会