都市型水害への対策として、空間的に分散した水管理システムの構築が必要です。そのためには、多くの市民と技術者の参加が不可欠です。分散型水管理システムを推進するために、まずは、その基本の考えと要素技術、それを支えるコミュニティデザインを、多くの人々とともに学ぶ場の設置と継続が重要です。そこで昨年度に引き続き、全国の先進事例に取り組む講師陣を招いて、本講座を開催します。

【こんな人におススメ】
・基礎コース(21・22日午前のみ):あまみず活用した家づくりや、環境にやさしい社会づくりに関心のある人(一般の方もぜひ!)

・応用コース(21・22日):建築・土木・造園などの技術者で、あまみず活用を仕事に適用したいと考えている人

【講師/プログラム】詳細はHPをご覧ください

< 21日(金)9:00~12:35  合同棟 大教室>

< 22日(土)9:00~15:00  環境教育センター 多目的教室>

 ​10:40 基礎コース終了(基礎コース参加者は解散)

 ​10:50 あまみずデザインワークショップ(演習)開始。

 15:00 閉会(応用コース終了​)

 終了後、希望者は国分寺駅付近にて懇親会を予定。

【CPD認定】

技術士CPD

東京都建築士会CPD(基礎コース3単位、応用コース8単位)

造園CPD(基礎コース3単位、応用コース7単位)

時間 12月21日(金)―22日(土)
場所 21日:東京学芸大学 合同棟 大教室
22日:東京学芸大学 環境教育研究センター 多目的教室
参加費 4000円(社会人) 2000円(学生) テキスト付
定員 80名(先着) 募集締め切り12月18日(火)
申込み/問合せ Email:  contact@tomokitakebayashi.comに、①氏名 ②所属 ③住所 ④携帯電話番号 ⑤希望コース ⑥懇親会(22日)ご出欠を書いてお申込み下さい。郵送の場合は〒81911o5 福岡県糸島市潤3-23-17-1o5まで。電話o7o – 24oo – 1789
主催 あまみず社会研究会(国立研究開発法人 科学技術振興機構 社会技術研究開発センター「持続可能な多世代共創社会のデザイン」研究開発領域平成27年度採択プロジェクト)