映画でしゃべる会、名付けて「エーベリ会」!
映画研究者・角尾宣信さんがテーマに合わせてセレクトした映画をもとに語り合います。
第三回は、「不倫と寝取られ」がテーマです。

現代は不倫流行り。もう毎日毎日、不倫報道ばかりです!エーベリ会は、不倫のないオアシスを提供、は致しません。あしからず、せっかくですので、これまで不倫ってどんな風に扱われてきたのか、その出自を追ってみましょう。昔は不倫という言葉すらありませんでした。じゃあいつから言いはじめたのか、気になりませんか?不倫したい人にも不倫を防ぎたい人にもためになる、スクリーンから見た不倫の歴史とハウツーです!そして不倫の裏には寝取られがあり、実はセットで考えてみると面白い。案外、滑稽なその反面が無視されがちなので、そんなお話もできましたら。

【角尾さんメモより。取り扱う予定の映画】
『君の名は』『浮雲』『バナナ』『しとやかな獣』『黒い十人の女』
『儀式』『金曜日の妻たちへ』『スターウォーズ エピソード4・5・6』etc..

●角尾 宣信(つのお よしのぶ)
東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻表象文化論コース、博士課程に在籍。2014―2016年、ニューヨーク大学大学院総合文化研究科東アジア研究専攻に交換留学生として在籍。専門は、敗戦後の日本映画史および美学・アフェクト論。論文に「死者、他者、そして人間――大島渚と心のトポロジー」(『映画学』映画学研究会、二〇一二年)、「破滅した「人間宣言」――『グラマ島の誘惑』における天皇および天皇制風刺について」(本年二〇一八年中に出版される川島雄三論集に所収予定)、翻訳書にボリス・グロイス『アート・パワー』(現代企画室、二〇一七年)、学会発表に“A Bald Cartoon Character and a Laggard Cinema Character in the Age of Potential Wars: Taizō Yokoyama’s Comic Strip, Pūsan, and Its Filmic Adaptation by Kon Ichikawa” (ICA, 2016)などがある。

 

時間 18:00~21:00
場所 小金井アートシャトー2Fカフェ
入場料 1000円(1 drink込み)、ペア割:二人で1,800円
申込 本イベントページの参加ボタンを押してください。当日参加も大歓迎です!
主催 Artfull Action

【協力】
写真クレジット:©︎菅野正
Special thanks!:小金井市けやき通り商店会