私たちの生活の中にはプラスチック製品があふれています。便利なプラスチックは、いまや世界中で毎日大量廃棄され、海洋汚染につながっています。そして巡って私たちが食べるものに影響を与えています。
プラスチックはどんな特性を持ち、どんなかたちで汚染につながっていくのでしょうか。
今回、廃棄されたプラスチックの海洋汚染を研究されている高田さんから汚染の実態についてお話をいただき、私たちが出来る事など、考える機会にしたいと思います。

講師 高田 秀重(東京農工大学)

 

時間 午後2時から午後4時
場所 国立市公民館
定員 35名(申込先着順)
申し込み 公民館電話 042(572)5141
主催 国立市公民館