“焚き火を囲んで哲学対話”

なんだか「哲学対話」と「焚き火」って相性が良い気がするのです。みんなで車座になったり、なんでも話して良いような感覚になったり、何も話さなくても良かったり、沈黙を気にする必要がなかったり、ゆったりとした時間を過ごせたり、自分を見つめてみたり。

そこで、焚き火を囲み、ゆらゆらと揺れる炎を眺めながら、毎日のくらしの中にある、なかなか答えが見つからない問いを、みんなで、じっくり、ゆっくり、問い、考えてみたいと思います。

◆例えば、こんな問い
・幸せな暮らしってどんな暮らし?
・なんで人は心配するんだろう?
・怒ることって悪いことなの?

焚き火を囲み、ゆったりとした時間の中で、みなさんの中からぽつぽつと出てきた問いで対話できたらと思っています。哲学の知識はまったく必要ないので、気楽にご参加ください^^

お子さま連れでの参加もOKです。

※哲学対話とは?
https://youtu.be/eWJUwXO5-Og

 

時間 17:00~19:00
場所 くにたちはたけんぼ( http://hatakenbo.org/access )
参加費 2000円
定員 12名(先着順)

facebookイベントページの参加を押してください。
持ち物 暖かく、焚き火の匂いがついても大丈夫な格好。飲み物。

主催 幡野雄一(ハタ坊)

東京都国分寺市出身。高校卒業後、ヒッチハイキング、野宿生活、四国の歩き遍路などを経験。その後、大学で仏教を学び、学部を首席で卒業。現在は、学校、塾、地域などで哲学対話のファシリテーターとして活動。2019年春に探究型の学習塾「ベースクール」をJR国立駅北口に開校予定。